フリー技術者のデザインスキル不足の問題

情報技術の分野で市場が成長しているのが、スマートフォン業界です。アプリの需要が伸び、情報技術系のエンジニア向けにアプリの開発案件が増えています。フリーランスのエンジニアもこのアプリ市場の拡大に注目し、独自にアプリ製品の開発にチャレンジできます。しかし、いざアプリ開発を始めたものの、うまく製品の完成にまで至らないケースも多いです。思惑とのギャップを感じる原因の一つは、アプリの開発にプログラミング以外のスキルも必要なためです。ソフトウェア開発の経験を持つフリーランスエンジニアにとって、アプリの開発は比較的簡単なように見えます。

しかし、アプリの製品を完成させるには、プログラミングに加えてビジュアル面のデザイン制作も必要です。アプリには見た目にクオリティーの高いものが増え、デザインセンスが求められるようになりました。たとえ便利なアプリでも、見た目のデザインが洗練されていなければユーザーを獲得できません。そのためフリーランスエンジニアがアプリの開発に乗り出す場合、インターフェースなどのデザインをどのような方法で構築するのか、考える必要があります。

一つは、デザイン技法を学んで自ら製作する方法です。基本的なデザインテクニックを習得したり、他のアプリのデザインを研究し、自らアプリのデザインを制作します。あるいは、デザイナーに外注する方法もあります。プロのデザイナーにビジュアル面の制作を任せれば、クオリティーの高いデザインが制作可能です。コストはかかるものの、アプリのプログラミングにのみ専念できるメリットがあります。